パックの正しい方法

  • 2013/08/29(木) 09:00:00

美肌になるためには、お家でのスキンケアが大切で、化粧水や美容液を使用した毎日のスキンケアに加えて、パックも定期的にしてお肌をリフレッシュさせてあげましょう。

お家でできるパックには、いくつかの方法があります。
大きく分けると、
・はがすタイプ
・洗い流すタイプ
・美容液・ローションタイプ
でしょうか。

ここでは、はがすタイプについて見ていきましょう
はがすタイプは、気になる目じりや口元の小じわを、のばす効果があります。

初めはしっとりしていますが、乾いてくるとじわじわと皮膚が引っ張られて、顔がピーンと張ってきます。
完全に乾くまでは、パックの厚さにもよりますが、20分ほどです。

手で触って確認してから、パックを上から下に向かってはがしていきます。
パックが残っているようだったら、無理にとろうとはせず、コットンに化粧水を含ませたもので、拭き取るようにして取りましょう。

はがすタイプのパックは、「しわが伸びてる」と実感できるパックですが、やはり肌への刺激が大きいものです。
パックをはがす時にも、痛みを感じる場合があります。
お肌が敏感な人は、避けた方が良いでしょう。
また、定期的に行う場合も、週に1回程度にしておきましょう。